癌(がん)封じで有名な関東の寺社 ~烏森神社(東京都新橋)~

東京都港区新橋にある烏森神社(からすもりじんじゃ)は、癌封じにご利益のある東京の神社として有名です。

この烏森神社は、サラリーマンの街でもある新橋駅のすぐ近くにある由緒正しい神社ということもあり、普段からビジネスマンも多く訪れるパワースポットにもなっていますが、東京都内にある癌封じのご利益のある神社としても最も有名です。

東京にお住まいの方であれば、関東や東京都内にある癌封じで有名な寺社の中では、最も駅近でアクセスしやすい点も魅力です。

今回は、そんな東京都内で1番有名な癌封じパワーをもらえる烏森神社に行ってきました!

スポンサードリンク



東京新橋・烏森神社の由来

烏森神社は、別名・烏森稲荷とも呼ばれています。

その起こりは古く、天慶3年(940年)、東国で平将門が乱を起こした時のこと。

むかで退治で有名な鎮守府将軍・藤原秀郷(俵藤太)が、武蔵国のある稲荷神社に戦勝を祈願したところ、白狐が現れて白羽の矢を秀郷に与えました。

秀郷は、その矢によって速やかに乱を鎮めることができたので、それに感謝してどこかに稲荷神社を創建しようと考えていた所、秀郷の夢に白狐が現れ、「神鳥が群がる場所が霊地である」とお告げをしました。

秀郷が、現在の地である烏森神社のある桜田村の森に来た所、お告げの通り烏が群がっていたので、そこに神社を創建したのが烏森神社の始まりとされています。

 

江戸時代の稲荷ブームの際には、初午の稲荷祭の賑わいは、江戸で一二を争うものであったとされています。

世界三大大火の一つにも数えられる「明暦の大火」が起こった際、江戸中は焼け野原となり、烏森も例外なく大火に見舞われました。

しかし、この烏森稲荷社は奇跡的に類焼を免れ、その神威的な出来事に、江戸の庶民たちの烏森稲荷社への信仰は日に日に厚くなっていきました。

明治6年には、これまでの烏森稲荷社の社名が、現在の「烏森神社」へと改められました。

 

ちなみに「烏森」(からすもり)というのは、この辺りの地名を表す言葉です。

最寄駅・新橋駅の「烏森口」と同じ由来ですね。

この辺りが武蔵の国桜田村と呼ばれていた江戸時代、烏森神社があるこの一帯には、松林が一帯に広がっていました。

その松林には、烏(からす)が多く集まって巣を作っていたため、後に「烏の森」と呼ばれるようになったのが呼び名の由来です。

 

烏は、この神社のキャラクターにもなっています。

烏森神社へのアクセス

烏森神社は、新橋駅から徒歩3分程度。

癌封じにご利益のある有名なお寺・神社は、関東や都内に複数ありますが、駅からは少し距離があるところがほとんどです。

烏森神社であれば、体調があまり優れないという方でも行きやすいというメリットがあります。

また、仕事で都内によく行かれる方にとっては、仕事帰りや外回りの合間に行くことができます。

ご家族や親戚、友人が癌闘病しているという方も、ちょっとした時間に訪れ、大切な人のがん封じ祈願をすることもできますね。

●住所:〒105-0004 東京都港区新橋2-15-5
●最寄り駅:
・JR新橋駅 西口・日比谷口より徒歩2分/烏森口より徒歩3分
・地下鉄(銀座線・都営浅草線)新橋駅 徒歩2~3分

新橋駅から、いざ、烏森神社へ!

さぁ、JR新橋駅・烏森口に出たら、烏森神社へ向かいましょう。

 

ちなみに烏森口は、SLがあるのが目印ですね。

 

ニュー新橋ビルを左に曲がり、少し歩きます。

 

飲み屋街などがある路地に入ると…

あ、ありました!

 

大都会のど真ん中にある神社ですので、そこまで広くはないようです。

さぁ、入っていきましょう。

 

烏森神社縁起。ここの水で浄めるのかしら?

 

獅子。

 

かわいらしい御守りも。あとでゆっくり見るからね。

 

千貫神輿

 

さて、まずは、ご挨拶。

烏森神社の癌(がん)封じご利益は?

烏森神社の癌封じ御守りは、癌を封じ平癒するだけでなく、精神的に癌に打ち勝つための祈願が込められています。

烏森神社の“心願色みくじ”とは?

この烏森神社には、癌封じ以外にも様々なご利益があるパワースポットとして人気です。

場所柄、平日の昼間でも、スーツを着たサラリーマンの方がお参りしている姿を見かけることができます。

特に、“心願色みくじ”は、烏森神社の名物。

「心願色みくじ」、やってみた!

“心願色みくじ”は、願いや占う事柄によって4種類に色分けされた烏森神社独自のおみくじ。

占いたい願いの種類によって、4つの色から1つを選びます。

…恋愛・良縁
…金運・幸運・商売
青…厄祓・仕事学業)
緑…健康家庭

 

その手順は、まず、本殿横にある授与所で、巫女さんにお金(500円)を払って心願色みくじをひきます。

 

今回、当記事ライター(30代独身・女子)は、良縁を願って

私:「これ(心願色みくじ)、ください」

巫女さん:「何色ですか?」

私:「…あ、赤!」

巫女さん:「はい、赤ですね。では、想い込めておみくじを振ってください」

私:「は、はい」(しゃか、しゃか…)

私:「赤の〇番ですね!」「では、これに赤いペンで願いを書いて、結び処に結んでください」

私:「はい」

巫女さんから、アドバイスの書いたおみくじ(持ち帰り用)と、お願いを書く紙(結ぶ用)、“願い玉”とよばれるチャームももらえます。

心願色みくじ専用のスペースで願いを書き、結びます。

もちろん願いは「結婚できますように!」。(必死!)

ご利益ありますように!

烏森神社のご利益は?

烏森神社で有名なのは、「癌封じ」や「心願みくじ」だけではありません。

こちらが、烏森神社で販売している御守り。

出張安全、こども御守り、招福金運、開運、学業成就、交通安全、安産、子授…様々な種類の御守りがあります。

 

烏森神社は、他にも様々な祈願をしてくれるそうです。

商売繁盛、技芸上達、社運隆昌、工事安全、ヒット祈願…なんていうのもあって、サラリーマンにも支持される理由が分かります。

烏森神社以外で、有名ながん封じの寺社は?

ということで、今回は、東京都で最も癌封じにご利益のある神社・烏森神社をご紹介しました。

 

烏森神社でお参りした後は、時間が許せば、新橋の飲み屋街で1杯…というのも良いかもしれませんね。

(記事:広瀬涼子)

関東で有名な癌封じにご利益のある寺社3選

関東で有名な癌封じにご利益のある寺社は、他にも多数あります。

よりご自宅に近い場所にお参りにいきましょう。

癌(がん)封じ で有名な関東の寺社3選!