長野県にある癌封じ寺・浄光寺(小布施町)


画像:浄光寺ホームページより

 

長野県の小布施町にある真言宗 豊山派 雁田薬師 ・浄光寺(じょうこうじ)は、癌封じにご利益のあるお寺として有名です。

また、癌封じ以外にも、ユニークな特徴のある浄光寺について紹介いたします。

スポンサードリンク



浄光寺の癌封じご利益

浄光寺の「薬師堂」に安置されている「薬師瑠璃光如来十二神将」、通称”お薬師さま”は、体の病・心の病を癒し、寿命を伸ばすことを本願(※)とする仏様です。

(※)本願とは、仏陀や菩薩が修行中に立てた願いのことです。

体の病を癒すご利益があることから、癌に悩む多くの人が訪れるようになり、いつしか”がん封じ”のパワースポットとして有名になりました。

浄光寺の縁むすび

お薬師さまは、癌封じだけでなく、縁結びのご利益もあるとされ、”縁結びのお薬師さん”としても有名です。

別名・「妻恋薬師(つまごいやくし)」とも呼ばれ、良縁を願う男女が全国から参拝に訪れます。

また、日曜日限定で、ご住職のオヤジギャグ(?)から誕生したという名物・”縁むすび”という名のおむすび(おにぎり)も1個120円で販売されています。

縁むすびに使用されているお米は木島産のコシヒカリ。そして、信州産の本しめじが入った炊き込みご飯となっています。

薬師さまの参拝後は、この縁むすびを食べれば、さらなる良縁のご利益を得られること間違いなし(!?)。

浄光寺の由緒・由来

浄光寺の薬師堂は、今から約600年前の室町時代に建立され、国の重要文化財にもなっています。

浄光寺の本堂は、明治12年に焼失しましたが、昭和51年に再建されています。

現在の本堂は、付近の小学校校舎の古材を活用したユニークなもので、希望に応じて本堂を開放する「オープン本堂」となっています。

オープン本堂は、”お寺にもっと人が集まり、心が通い合う、そんなお寺であって欲しい”という住職さんの願いからスタートし、これまで、ピアノ教室や初心者のための足裏マッサージ講習などが行われてます。

また、副住職による「筆遊び」は、気軽に書道が楽しめるイベントとして子供から大人にも人気のイベントとなり、様々なメディアにも取り上げられています。

浄光寺の見どころ

由緒あるお寺にも関わらず、ユニークな新たな取り組みを行っている浄光寺。

その和尚さんは一体どんな人なのか?気になるところですが、実は、和尚さんもとってもユニークな方でした!

浄光寺ご住職の林映寿さんは、なんとスラックラインというスポーツの世界チャンピオン!メディアでもたびたび取り上げられ、書籍まで販売してしまうほどの活躍ぶり。

“仏教離れする現代において、いかに必要とされる寺院になれるか”というご住職の想いが伝わってきます。

浄光寺へのアクセス

【浄光寺の情報】

●住所:長野県上高井郡小布施町雁田676
●拝観時間:9時~17時
●ホームページ:http://www.jyokoji.jp/
●アクセス:
【長野まで】JR等ご利用の場合
・東京方面から⇒(新幹線) 東京~(1時間30分~長野
・関西方面から⇒大阪~(4時間)~長野
・中京方面から⇒名古屋~(3時間)~長野
・北陸方面から⇒金沢~(3時間)~長野
・新潟方面から⇒新潟~(2時間)~長野

【長野駅から最寄り駅「小布施」】
・長野電鉄で長野駅~小布施(特急20分)

浄光寺の口コミ・評判は?

 

\がんへの備えが不十分だと思う方へ/

※保険料を計算してみる