エイベックスMAX松浦勝人氏、”死ぬかと思った病気”陰性だった

レコード会社・エイベックスの会長・松浦勝人氏(54)が、8月9日、自身のSNSを更新し、“死ぬかと思った病気”を患っている可能性があったことを明かしました。

松浦氏と言えば、”MAX松浦”とも呼ばれ、一代でエイベックスを業界No.1企業までに築き上げた人物ですが、最近では、歌手の浜崎あゆみさんが松浦氏との過去の熱愛をカミングアウトするなど話題に。

松浦氏のSNSでは、これまでたびたび所属アーティストと一緒に写っている写真が投稿され、人気アーティストの貴重なプライベートショットが見られることで人気のアカウントとなっています。

心配される松浦氏の病気の真相とは?

スポンサードリンク



松浦勝人氏のプロフィール


「危険な二人 (幻冬舎文庫)」をAmazonで購入する

●1964年10月1日
●出身地:神奈川県横浜市港南区
●学歴:日本大学経済学部卒業
●肩書:エイベックス株式会社代表取締役会長CEO (2018年~)

松浦氏は、1985年、貸レコード店「友&愛」にアルバイトとして入社。
1986年に株式会社ミニマックスを設立し、「友&愛」上大岡店の経営を行います。
そして、1988年、エイベックス・ディー・ディー株式会社を東京都町田市に設立し、レコード輸入卸販売業を始めました。
1990年には、音楽レーベル“avex trax”を設立し、「JULIANA’S TOKYO(ジュリアナ トーキョー)」CDシリーズなど様々なダンスコンピレーションアルバムをリリース。
1993年、邦楽第1弾アーティストのtrfのデビューを皮切りに、hitomi、globe、安室奈美恵、Every Litttle Thing、倖田來未、浜崎あゆみ、大塚愛、EXILE、AAA、東方神起など数多くのアーティストを手掛けてきました。

松浦勝人氏のSNS投稿…病状・病名は?

松浦氏は、2019年8月9日、自身のSNSを更新。

具体的な病名は明かさなかったものの、“死ぬかと思った病気”の疑いで精密検査を受けていたことを明かしました。

 

検査結果は「陰性」だったそうですが、当初は、陰性の確率、つまり病気でない確率は限りなく低く、検査結果が出るまでの2、3週間は死を覚悟して過ごしていたとのこと。

死を覚悟する病気ですから、“癌(がん)”などの病気を連想させますね。

 

そして、検査結果が出るまでの期間は、エイベックス社員に対して自身の経験を積極的に伝えたりするなど、自身がいなくなったときのために会社に残せることをして過ごしてきたそうです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

死ぬかと思った病気の疑いをかけられ、この二週間生きた心地がしなかった。あと10年をどう生きようかばかり考える毎日は悲しく、ひたすら明るくするようにしていた。 なるようにしかならない。 そのことばだけを思ってここ数日生きていた。 宣告された日に社員に向けた講習があった。頭の中は病気のことでいっぱいでまともな講習ができなかった。、あのひどい講習はそういうわけだからゆるしてくれ。それに、制作部のやつを呼び出し、、いままでしなかったミーティングをしたり、これからのAAAやらこれからの新人の戦略を皆に教えていた。僕は元気に見えただろうか。 よりによって同じ時期に浜崎あゆみの「M 愛すべき人がいて」の本が発売され想像以上の反響に驚き、どのワイドショーでも特集をしていて、あまり最近テレビに出ないようにしていた僕なのに思い切り顔出がされてしまった。街を歩き人に指を刺されるたびにあー俺あと10年くらいなのになぁと落ちていた。 その間に急性胃腸炎になり自民党の二階幹事長との会食には行きはしたものの食事が喉に通らず途中退席して大変申し訳なかった。二階さんからは幹事長特別表彰を頂いた。たいへん光栄なことである。僕のようなものがもらってみに余る光栄である。 今日結果が出た。スクリーニングでの確率は99%。精密検査をしたところで、0.3%から1.3%の確率しか残されていない。 そんな確率の低い検査の結果を聞くのは辛い。僕の中には今後10年会社になにを遺してあげられるのか、社員に何を教えてあげられるのだろうか、そしてこの2.3週間だけれども人にに優しくできることをおぼえた。これはすごくよかった。 そして昨日結果を聴いた。 なんと0.3%から1.3%にはいっていた。 つまり陰性。病気ではなかった。 ほんとおれってもってるなぁと、むしろあきれてしまった。 でも、会社に残していくこと、皆に色々な僕の経験を教えてあげること、人に優しくさてあげることはもう忘れないよ。 ハワイ楽しんできます! こういう時に僕は無駄遣いをしがちなので気をつけますww #松浦勝人

masato matsuuraさん(@masatomatsuura)がシェアした投稿 –

松浦勝人氏の魅力は“経営者らしくない”ところ?

800文字以上にも渡る長文の投稿の中には、今話題の浜崎あゆみさんとの過去の熱愛にも触れ、“あー俺あと10年くらいなのになぁ”と上の空状態であったことも明かしていましたね。

 

ちなみに、この大企業の経営者らしくない、人間らしい発言・行動が松浦氏の魅力であり、また、社員やアーティストたちからも厚い信頼を集める由縁でもあるようです。

また、SNSでも浜崎あゆみさんやAAAのファン等から質問に対して返信することもあり、その親しみやすさが評判を呼んでいます。

 

松浦氏自身、過去に「理想的な経営者になるなんて僕には無理だとわかった」と述べています。


「破壊者 ハカイモノ」をAmazonで購入する

 

何はともあれ、“死ぬかと思った病気”ではないことが分かって一安心。

今後も、たくさんのヒット曲を世に送り出して欲しいですね!

おまけ

おまけとして、松浦氏が会長を務めるエイベックスのオフィスを少し紹介します。

こちらの写真は、本ブログ運営者が、打ち合わせでエイベックスを訪れた時に撮影させていただいたものです。

 

本社は南青山にある超高層ビル。

 

 

1,000人以上が働くこのビルには、社員食堂も入っています。

まるでカフェのようですね。

 

クリスマスには、オフィスビル前にLEDのツリー!

おしゃれですね。