元日本テレビキャスター・鈴木美穂さん、乳がん闘病の経緯…現在は?

元日本テレビのニュースキャスター・鈴木美穂さん(35)は、2008年、24歳の時に乳がんの診断を受けました。

鈴木美穂さんは、近年では、日本テレビ『スッキリ!!』『情報ライブ ミヤネ屋』等、人気番組のニュースコーナーのキャスターとして活躍をされてきました。

しかし、乳がんと診断を受けたのは、彼女が日本テレビに入社して間もない3年目の時でした。

今回は、鈴木美穂さんのがん闘病の経緯、そして気になる現在について紹介します。

 

スポンサードリンク



元日テレ・鈴木美穂さんのプロフィール


「もしすべてのことに意味があるなら がんがわたしに教えてくれたこと」をAmazonで購入する

●生年月日:1983年10月16日(35歳)
●出身地 : 東京都
●血液型 : O型
●最終学歴:慶應義塾大学法学部法律学科卒業

 

鈴木さんは、2006年4月、日本テレビに入社しました。

報道局の社会部に配属され、1年目はADとして、2年目からは政治部の記者を務めます。

その後は、宮内庁担当記者、そして、2017年からは『スッキリ』『情報ライブ ミヤネ屋』のニュースコーナーも担当するなど、人気と実力を兼ね備えた日テレのキャスターとして活躍されてきました。

しかし、ADから実力派の人気キャスターへ…多くの女性が憧れるであろう華やかな活躍のウラ側で、鈴木美穂さんは厳しい試練と闘っていたのです。

元日テレ・鈴木美穂さんの乳がん闘病経緯

鈴木さんは、ADから記者へと活躍の場を広げていった入社3年目の2008年5月、24才の時に乳がんが発覚します。

シャワーを浴びた後、右胸のしこりに気づき、後日、病院で検査を受けたところ乳がんとの診断を受けました。

24才での乳がん発覚…同世代は恋愛や仕事に夢中になる中、「何で私だけが」と恐怖と不安の日々を過ごしていたといいます。

 

抗がん剤も効くタイプの乳がんでした。ステージ3、がんは2つあり、合わせて5cmの大きさでした。治療はフルコース。手術、抗がん剤2種、分子標的薬、放射線、ホルモン治療を受けました。ホルモン治療は、3カ月に1度2年間続けたリュープリンの注射に加え、1日1錠のホルモン剤を、10年間飲むことになっていました。

(引用:アフラックホームページより)

“フルコース”と話すほど様々な治療を受けた鈴木さんでしたが、特に、2008年7月から始まった抗がん剤治療は、とても辛く、眠れない状態が3日間も続いたと言います。

 

そして、8ヵ月の休職期間を経て、鈴木さんは、2009年1月に復職。

会社の復帰プログラムによって、最初は9時から14時の時短勤務で、徐々に勤務時間を延ばしていったそうです。

闘病経験生かし、さらに輝く女性へ

苦しい闘病生活の中、鈴木さんは先輩から「闘病生活を記録してみたら」とアドバイスをもらい「他の人の役に立つなら、この苦しみにも意味があるかもしれない」と気づいたことを必死で記録を行うようになったと言います。

そして、鈴木さんは、本業である日本テレビのキャスターとしての活動と並行しながら、がん患者支援の活動を積極的に行っていきます。

2009年、”がんになったことを経験のひとつとして、人生勉強になったと思えるようなイメージに変えていけたら”と思い立った鈴木さんは、同じくがんで苦しむ若い世代のために、若年性がん患者団体「STAND UP!!」(スタンド・アップ)を発足します。

2013年、がん患者のためのワークショップを開催するプロジェクト「Cue!」(キュー)を立ち上げ、2016年には、がん患者と家族のために無料で相談や利用できる施設「マギーズ東京」を東京都江東区にオープンさせました。

 

バイタリティ溢れる鈴木さんの社会貢献活動は多くの支持を得て、2017年には「日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017 チーム2017賞」を受賞しました。

今年2019年2月には、がんになっても生活しやすい社会を目指す団体「CancerX(キャンサー・エックス)」の立ち上げに参加するなど、現在も精力的な活動を続けています。

 

元日テレ・鈴木美穂さんの現在は?

そのバイタリティを活かし積極的な活動を行う鈴木さんは、2018年12月31日に日本テレビを退社しました。

現在は、マギーズ東京の代表理事としてがん患者を支援する活動を行いながら、記者としても活躍されています。

その後、乳がんの再発などもないようですね。

また、2019年の現在は、2017年に結婚された一般男性の方と、世界一周旅行中もしているようです。