ジャニー喜多川さん(87)、「くも膜下出血」により死去

 

ジャニーズ事務所などの代表取締役社長を務めるジャニー喜多川さん(87)が、2019年7月9日、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血によって亡くなりました。。

ジャニー喜多川さんと言えば、SMAPや嵐など国民的アイドルグループを数多く輩出したジャニ―ズ事務所の設立者。

芸能・音楽業界やマスコミ業界に多大な貢献と影響をもたらした人物…言わば“芸能界のドン”的な存在でしたが、近年ではその健康状態が心配されていました。

スポンサードリンク



ジャニー喜多川さん、死去

ジャニーズ事務所の発表によると、ジャニー喜多川さんは、6月18日(火)、渋谷区の自宅から都内の病院へ救急搬送され入院。

その後、元SMAPの中居正広さん、少年隊の東山紀之さん、滝沢秀明さんをはじめ、ジャニーズ事務所の所属タレントが続々と病院を訪れ、一時は死去報道なども出ていました。

その後、公式発表はなく、様々な憶測が飛び交う中、約2週間後の7月1日、ジャニーズ事務所からくも膜下出血により入院していることが公式発表されました。

ジャニーさんの容態が心配される中、嵐の松本潤さんは「今はジャニーさんが一日も早く元気に回復してくれることを祈っています」とコメントしていましたが、7月9日午後4時47分、87才で亡くなりました。

健康が心配されていたジャニー喜多川さん

業界では、以前よりジャニー喜多川さんの体調が思わしくないことが度々噂になっていました。

数年前には、ジャニー喜多川さんの”死亡説”が噂され、ジャニーズタレントが否定する…といったやりとりなどもありました。

しかし、実際には、2019年からは、その後継者として、タッキー&翼の滝沢秀明さんが選ばれるなどの動きもあり、いよいよジャニーズ事務所に大きな変化がある、と多くの芸能関係者が予測をしていました。

ジャニー喜多川のプロフィール

●生年月日:1931年10月23日
●経歴:
アメリカ・ロサンゼルス生まれ。
1962年(昭和37年)に、ジャニーズ事務所を設立。
創業期は、フォーリーブス・郷ひろみなどの男性タレントに始まり、その後、たのきんトリオ・シブがき隊・少年隊などの男性グループをプロデュース。
1980年代には、光GENJI・SMAPを輩出し、ジャニーズ事務所は、芸能事務所として群を抜く存在へ。
1990年代には、TOKIO・KinkiKids・V6・嵐など、国民的アイドルグループを続々とブレイクさます。
そして、2011年には、“最も多くのコンサートをプロデュースした人物”と”最も多くのナンバーワン・シングルをプロデュースした人物”としてギネス記録にも認定を受けました。

 

【関連記事】闘病経験のあるジャニーズタレント…現在は?

 

相葉雅紀(嵐)

嵐・相葉雅紀さんが闘病した肺気胸とは?現在は?

 

中居正広

元SMAP中居正広さん、癌(がん)の恐れあった喉の腫瘍…現在は?

 

今井 翼

タキツバ解散!今井翼さんの現在は?メニエール病の病状は?

 

国分太一(TOKIO)

TOKIO国分太一が闘病したデスモイド腫瘍とは?癌(がん)とは違う?

安田章大(関ジャニ∞)

関ジャ二∞安田章大が闘病した「脳髄腫」とは?癌(がん)とは違う?