岡村孝子さんの白血病闘病の経緯…現在は?

シンガーソングライターの岡村孝子さん(57)が、4月22日、自身の公式サイトで急性白血病と診断されたことを公表しました。

岡村孝子さんと言えば、80年代、加藤晴子さんとの2人組の女性デュオグループ・あみんとして活動し、『待つわ』が大ヒット。

1983年のあみん活動休止後も、ソロシンガーとして活動を継続。1987年にリリースした彼女の代表曲『夢をあきらめないで』は、世代を越えて知られる応援歌となっています。


「夢をあきらめないで 2011」をAmazon Prime Musicで聴く

今回は、岡村孝子さんの白血病闘病の経緯、そして、気になる現在について紹介します!

スポンサードリンク



岡村孝子さんのプロフィール


「岡村孝子 スーパー・ヒット」をAmazonで購入する

●生年月日:1962年1月29日
●出身地:愛知県岡崎市
●学歴:椙山女学園大学(中退)

岡村孝子さんは、椙山女学園大学に在学中、同級生だった加藤晴子さんと2人で「あみん」を結成します。

あみんは、1982年、多くのアーティストを輩出してきたヤマハポピュラーソングコンテスト(通称:ポプコン)でグランプリを獲得。コンテストの出場曲でもあった『待つわ』でメジャーデビュ―を果たし、いきなり100万枚を越える大ヒットとなります。

「待つわ」を楽曲購入する

1983年のあみん休止後は、シンガーソングライターとして活動。1987年にリリースした『夢をあきらめないで』は、中学校の音楽の教科書に採用されるなど彼女を代表するヒット曲となり、2005年公開の映画『逆境ナイン』(主演:玉山鉄二)のテーマソングにも起用されるなど、世代を越えた応援歌として有名です。

岡村孝子さんの白血病闘病の経緯…現在は?

岡村孝子さんは、4月22日、自身の公式サイトで急性白血病と診断されたことを公表しました。

 

岡村さんは、4月17日に急性白血病との診断を受け入院。治療のため長期休養に入ったことを公表しました。

 

今年2019年は、岡村さんにとって6年ぶりのオリジナルアルバム発売やコンサートツアーが予定されるなど、精力的な活動が期待されていただけにファンやご自身のショックも大きかったことでしょう。


▶「fierte」(2019/5/22発売予定)をAmazaonで購入する

 

以下は、公式サイトの文章です。

皆様へのご報告

日頃より、岡村孝子をご支援いただきまして誠にありがとうございます。
本日は、皆様に大切なご報告があります。
岡村孝子は先日行なった検査の際、「急性白血病」と診断され、急遽、長期の治療に入ることになりました。
6年振りとなるオリジナル・アルバムのリリース、コンサートの開催を目前に控える中、アルバム、コンサートを楽しみにお待ちいただいている皆様、
また関係者の皆様には多大なご迷惑とご心配をおかけ致しまして誠に申し訳ございません。
岡村孝子はまた皆様の前に必ず元気な姿で戻って参りますので、どうか温かく見守っていただけますようお願い申し上げます。
これに伴い、現在発表されております下記のコンサートツアー「T’s GARDEN」4公演は中止とさせていただきます。
2019年6月15日(土) 千葉県・松戸森のホール21
2019年6月22日(土) 広島県・東広島芸術文化ホール くらら大ホール
2019年6月30日(日) 埼玉県・川口総合文化センターリリアメインホール
2019年7月14日(日) 兵庫県・ポートピアホール
公演中止に伴うチケット払い戻し方法につきましてのご案内は、近日中に公式HP、各主催者HP等でお知らせ致しますので、
お手元にありますチケットはそのまま保管していただきますようお願い申し上げます。
また、既にお知らせ致しました通り、ニューアルバム「fierte」は5月22日に発売致します。

2019年4月22日  岡村孝子スタッフ一同

引用:岡村孝子公式ホームページより

岡村孝子さんが闘病している「急性白血病」って何?


▶「fierte」(2019/5/22発売予定)をAmazaonで購入する

 

さて、岡村孝子さんが公表した「急性白血病」とは、どのような病気なのでしょうか?

 

そもそも「白血病」とは、血液のがんのことです。

2019年1月に公表された最新の全国調査によると、1年間に白血病と診断された人は延べ1万3,789人とされています。(2016年 厚生労働省調べ)

記憶に新しいところでは、今年2月、競泳女子日本代表・池江璃花子選手が公表したのも白血病でした。

▶参考記事:「競泳・池江璃花子さん、白血病を公表…東京五輪は?」

 

この「白血病」は、大別すると「急性」(がん化した細胞が急速に増殖する)と「慢性」(がん化した細胞がゆっくりと増殖する)があります。

一般的に、「急性」は週単位~月単位で速く進行し、「慢性」は年単位でゆっくり進行するとされています。

 

岡村さんが今回、診断を受けたのは、がん化した細胞が急速に増殖する「急性白血病」です。

急性白血病は、倦怠感・動悸・息切れといった貧血に伴う症状、肺炎・敗血症といった感染症に伴う発熱、また、血小板減少に伴う出血傾向などの症状があると言います。

 

参考:国立がん研究センター 情報サービスより

参考:白血病闘病した有名人

岡村孝子さん以外にも、白血病と闘病してきた有名人や芸能人の方もいます。

その中には、吉井怜さんや渡辺謙さんなど、病気を克服し、現在も活躍されている有名人の方もいらっしゃいます。

少し時間がかかっても、また岡村さんが歌手として復帰する日をお待ちしております。

「白血病」闘病した芸能人・有名人一覧

池江璃花子(競泳女子日本代表)

競泳・池江璃花子さん、白血病を公表…東京五輪は?

吉井 怜

吉井怜さん、急性骨髄性白血病の闘病経緯…現在は?

渡辺 謙

渡辺謙さん、白血病・C型肝炎・胃がん闘病を乗り越え…現在は?

早川 史哉(Jリーガー/アルビレックス新潟)

Jリーグ アルビレックス新潟・早川史哉選手の急性白血病…闘病経緯と現在

大塚 範一(アナウンサー)

大塚範一アナの急性リンパ性白血病の闘病経緯…現在は?

大豊 泰昭(元プロ野球選手)

元中日ドラゴンズ・大豊泰昭選手が闘病した血液のがん・急性骨髄性白血病とは?