黒沢年雄さん、10度の癌(がん)手術乗り越え…現在は?

俳優の黒沢年雄さん(75)は、これまでに大腸がん・膀胱がん・食道がん・胃がんなど、計10回もの手術を行ってきました。

黒沢年雄さんと言えば、近年ではバラエティ番組などに出演し活躍されていますが、東宝ニューフェイスとして俳優活動や、歌手として『時には娼婦のように』(1978)が大ヒットするなど、マルチに活躍されてきた俳優さんです。

今回は、黒沢年雄さんのがん闘病の経緯、そして気になる現在について紹介します。

スポンサードリンク



癌(がん)闘病してきた黒沢年雄さんのプロフィール


「ゆかいなじいちゃん/酒とバラの日々に」をAmazonで購入する

●生年月日1944年2月4日
●出身地:神奈川県横浜市
●身長:175cm
●趣味:読書、スポーツ(ゴルフ・野球・テニス)、車
●資格:大型、普通自動車、自動二輪

引用:プロダクション・クロ公式ホームページより

時には娼婦のように』が大ヒット

黒沢さんは、日本大学横浜高校を卒業後、様々な仕事を経験しながら、俳優を目指します。
ちなみに、これまでに経験してきた仕事は、キャバレーのバンドマン(ドラム)、工場作業員、ウェイター、生命保険セールス、自動車セールス、運送会社の運転手など様々。

そして、1964年、黒沢さんが20才のときに、第4期東宝ニューフェイスとして東宝に入社。俳優として、『日本沈没』(1973)、『影同心II』(1975)、『大空港』(1978)、『ザ・ハングマン』(1980)など数多くのテレビドラマ出演し、世間に知られるようになりました。

また、俳優としてのかたわら歌手活動も行い、1978年にリリースされた19枚目の『時には娼婦のように』が大ヒットしました。


「スター☆デラックス 黒沢年男」をAmazonで購入する

 

黒沢年雄さんのがん闘病の経緯

ニット帽スタイルになったきっかけは、癌闘病から

黒沢さんは、これまでに大腸がん・膀胱がん・食道がん・胃がんなど、計10回もの手術を行い、そのたびに手術で治療を行ってきたことを明かしています。

そんな黒沢さんがはじめてがんとの診断を受けたのは、1992年、48歳のときでした。

ホテルのトイレで下血したことをきかっけに、内視鏡検査を行ったところ、S状結腸にポリープが見つかり、大腸がんとの診断を受けました。開腹手術によって治療を行いました。

また、黒沢さんと言えば黒いニット帽が印象的ですが、このスタイルになったのは、この時から。
手術が終わったら新しい自分を見せようと、復帰後は髪の毛を剃り、メディアに出演するようになりました。

何度がんにかかっても、”笑って生きている”理由とは?


『二流芸能人が、何度がんになっても笑って生きている理由』をAmazonで購入する

 

しかし、黒沢さんのがん闘病は、これで終わりではありませんでした。

2008年、64才のときに膀胱がんを患い手術を行うと、その後の定期検査で、2013年には食道がん・胃がんと立て続けにがんが発見されました。

70才を迎えた2013年には、5回も手術を行ったことを明かしています。

 

さぞ大変な闘病生活が想像できますが、黒沢さん自身は、メディアで明るくがんのことを話している姿が印象的です。

以下は、黒沢さんの公式ブログからの引用です。

“今まで一度も、転移した事も、抗がん剤も飲んだ事もありませし、一度もリンパ節が見つかったことがありません。

手術して、それで終わり、検査で見つかり手術して終わり。その連続です。”

引用:黒沢年雄オフィシャルブログ ー「僕の嘘ばかりのガンの報道」より

黒沢年雄さんの現在は?再発はない?

黒沢さんは、現在、主にイベントや講演で全国各地を周ったり、時折、バラティ番組にも出演されています。

また、アメーバブログを積極的に更新し、近況の活動を報告を行っています。

ブログでは、自身の体調について、

“現在は信じられない健康体”

“週に一度のゴルフとテニスその間に、体力作りにジム通い。

誰も信じられないと言ってます。”

とコメントしていますので、現在、がんの転移や再発などもないようです。

 

 

\がんへの備えが不十分だと思う方へ/

※保険料を計算してみる