男性ワースト1位の癌!?前立腺がん闘病した芸能人・有名人まとめ

 

今回は、前立腺がん闘病した芸能人・有名人の方を紹介します。

前立腺がんの患者数は、年々増加傾向にあり、2020年には、男性がかかる癌のワースト1位になるとも言われている程、メジャーながんの種類です。

 

そもそも前立腺とは、膀胱の下に位置し、尿道のまわりを取り囲んでいる臓器です。

男性のみにある臓器ですので、前立腺がんは、男性特有の癌(がん)ということになります。

しかし、女性の方であっても、旦那さん、彼氏、お父さんなど、いずれ身近な人がこの前立腺がん闘病することになってしまった場合は、その病気に対する正しい理解や手助けが必要となります。

 

芸能人・有名人の方たちの闘病経緯をきっかけに、ぜひ興味を持っていただけたら幸いです。

スポンサードリンク



前立腺がん闘病した芸能人・有名人まとめ

間寛平


「激走!地球一周40,000kmの軌跡 間寛平アースマラソン完全版 VOL.1」をAmazonで購入する

人気お笑い芸人の間寛平さん(70)は、2010年、61才のときに前立腺がんと診断を受けました。

マラソン好きで知られている間さんですが、前立腺がんが発覚したのは、2008年にスタートした地球一周のアースマラソンでトルコに寄った際のことでした。

間さんは、ホルモン治療を行いながらマラソンを続けていましたが、体調が思わしくなく、治療に専念することに。

そして、発覚の3か月後、2010年4月 サンフランシスコで放射線治療を受け、さらに2か月後の6月にはマラソンを再スタート(!)。

前立腺がん闘病を経験しながらも、克服し、翌2011年1月にアースマラソン完走を果たしました。

間寛平さんの前立腺癌(がん)闘病の経緯を調べる

西川きよし


「やすきよ漫才傑作選(1) 」をAmazonで購入する

西川きよしさん(73)と言えば、漫才ブームの火付け役である「やすしきよし」のメンバーで、間寛平さんと同じく吉本興業所属のお笑い芸人。

相方の横山やすしさんと、1970年、80年代のお笑い界をリードしてきました。

西川さんは、2015年末、69才の時に前立腺がんとの診断を受けました。

最新の手術支援ロボット「ダビンチ」により前立腺を取り除き、5時間に及んだ手術も無事に成功。

そして、手術の翌月には、仕事に復帰されました。

西川きよしさんの前立腺癌(がん)闘病の経緯を調べる

西郷輝彦


「西郷輝彦 全曲集~燃えろ夜明けまで・君だけを~」をAmazonで購入する

歌手の西郷輝彦さん(72)は、橋幸夫さんや舟木一夫さんと共に“御三家”と呼ばれた人気スターのひとり。

そんな西郷さんは、2011年、64才のときに初めて前立腺がんの診断を受けました。

全摘出手術によって治療を行いましたが、その約6年後の2017年、再発し、治療を行っていることを公表しました。

気になる現在は?

西郷輝彦さんの前立腺癌(がん)闘病の経緯を調べる

北村総一郎

北村総一郎さんは、2013年、78才の時に前立腺がんと診断され、前立腺の全摘出手術を受けます。

北村さんと言えば、若い世代の方とっては、何といってもドラマ『踊る大捜査線』の神田総一朗署長役ではないでしょうか。

同ドラマで共演した小野武彦さん、斉藤暁さんの3人で“スリーアミーゴス”としてバラエティ番組にも数多く出演し、幅広い世代に親しまれてきました。

そんな北村さんも、現在、御年83才!(2019年8月現在)

2019年の9月には、84才を迎えます。気になる現在は?

北村総一郎さんの前立腺癌(がん)闘病の経緯を調べる

宮本亜門


慶應MCC夕学セレクション 「亜門流コーチング」をAudibleで聴く

演出家の宮本亜門さん(61)は、今年2019年4月、前立腺がんが発覚したことを自身のツイッターで公表しました。

発覚したきっかけは、自らがゲストとして出演予定のテレビ番組『名医のTHE太鼓判!』で、人間ドックを受けたことでした。

気になる現在の宮本亜門さんの容態は?

宮本亜門さんの前立腺癌(がん)闘病の経緯を調べる

 

角盈男


「巣鴨で逢いましょう」をAmazonで購入する

角盈男さん(63)は、抑えのエース投手として活躍し、常勝巨人軍を支えてきた選手の1人。

サイドスローを武器に、1981年には、8勝20セーブという好成績をおさめ最優秀救援投手のタイトルも獲得し、巨人軍の優勝に大きく貢献。

現役引退後は、野球解説者やタレントとして多くのテレビ番組にも出演し、現在もマルチに活躍されています。

そんな角さんが2014年、47才の時に、前立腺がんが発覚します。

そして、角さんが選択した最先端のがん治療法“重粒子線治療”とは?

角盈男さんの前立腺癌(がん)闘病の経緯を調べる

 

稲川淳二


「稲川淳二 恐怖の現場 最終章 禁断の地 永久に、永遠に vol.1」をAmazonPrimeで視聴する

怪談話で有名なタレントの稲川淳二さん(72)は、2011年、64才の時に前立腺がんの診断を受けます。

稲川さんは、前立腺がん闘病前までは、入院などの経験もなく“病院嫌い”だったそうです。

稲川さんが、前立腺がんを発見した経緯とは?

そして、気になる現在は?

稲川淳二さんの前立腺癌(がん)闘病の経緯を調べる

 

参考:前立腺がんはどんな病気?

今回は、前立腺がん闘病した芸能人・有名人の方を紹介しました。

それでは、そもそも前立腺がんとはどのような病気なのでしょうか?

以下は、がん研究の権威・国立がん研究センターホームページ(https://ganjoho.jp/)からの引用です。

 

【前立腺がんとは】
前立腺がんは、前立腺の細胞が正常な細胞増殖機能を失い、無秩序に自己増殖することにより発生します。早期に発見すれば治癒することが可能です。
また、多くの場合比較的ゆっくり進行します。
近くのリンパ節や骨に転移することが多いですが、肺、肝臓などに転移することもあります。
前立腺がんの中には、進行がゆっくりで、寿命に影響しないと考えられるがんもあります。
がんではない、ほかの原因で死亡した男性を調べた結果、前立腺がんであったことが確認されることがあります。

【症状】
早期の前立腺がんは、多くの場合自覚症状がありません。
しかし、尿が出にくい、排尿の回数が多いなどの症状が出ることもあります。
進行すると、上記のような排尿の症状に加えて、血尿や、腰痛などの骨への転移による痛みがみられることがあります。

【統計】
前立腺がんと新たに診断される人数は1年間に10万人あたり117.9人です。
年齢別にみた罹患率(りかんりつ)は、60歳ごろから高齢になるにつれて顕著に高くなります。
男性では胃がん、大腸がん、肺がんに次いで4番目に罹患率が高いがんです。※罹患(りかん)…がんになることを「がんに罹患する」と言います。

【発生要因】
前立腺がんのリスクを高める要因として、前立腺がんの家族歴、高年齢が明らかにされています。その他にも肥満、食品(カルシウムの過剰摂取など)、喫煙などについて多くの研究が行われていますが、まだ明らかではありません。

【予防と検診】
日本人を対象とした研究結果から定められた、科学的根拠に基づいた「日本人のためのがん予防法」では、禁煙、節度のある飲酒、バランスのよい食事、身体活動、適正な体形、感染予防ががんの予防に効果的といわれています。

【生存率】
治療については、手術(外科治療)だけではなく、放射線治療、薬物療法、その他の何らかの治療を受けた患者さんが対象となっています。そのため、各施設で公表している、手術だけを受けた患者さんを対象とした生存率と、異なる場合があります。

 

前立腺がんの病期別5年相対生存率(対象:2006~2008年に診断を受けた患者さん)

引用:国立がん研究センターHPより

 

前立腺がんは、前述の通り、進行も遅く、早期発見ができれば生存率・治癒率が高い癌とされています。

また、今回紹介した芸能人・有名人の方たちも、2019年8月現在、皆さん、お仕事に復帰している方たちばかりです。

実は、当ページ管理人の父親も、65歳くらいで前立腺がんになりましたが、幸いにも約2週間の入院と1回の手術で治療を行うことができました。

正しい知識を自分から手に入れ、自分自身、そして家族のために備えることが大切です。