阪神タイガース・原口文仁選手、大腸がん発覚…現在は?復帰予定は?

プロ野球・阪神タイガースの原口文仁選手(26)は、2019年1月24日、大腸がん闘病していることを公表しました。

阪神タイガース・原口文仁選手のプロフィール

(画像:阪神タイガース公式サイトより)

●出身地:埼玉県大里郡寄居町
●生年月日:1992年3月3日
●身長/体重:182cm/92kg
●右投・右打
●出身校:帝京高等学校
●背番号:94

2016年…育成選手から月間MVP・オールスター出場の大躍進!

原口選手は、2009年に阪神タイガースにドラフト6位で入団。

ウエスタン・リーグでは、ケガや故障に悩まされながらも着実に成果を積み重ね、2016年シーズンから一軍に昇格。

すると、2016年5月には、月間通算で打率.380、5本塁打、17打点という好成績を残し、野手部門の月間MVPを受賞しました。

そして、その年のオールスターゲームファン投票では、ノミネート外の選手としては異例の17万4,556票を獲得し、監督推薦枠選手としてオールスター出場も果たしました。

その後も一塁手や捕手として、代打の切り札としてもチームへ貢献し、さらなる活躍が期待されていました。

「MIZUNO(ミズノ) プリントユニフォーム 阪神タイガース 94:原口 12JRMT8594 ホーム&ビジター」をAmazonで購入する

阪神タイガース・原口文仁選手の大腸がん闘病の経緯

原口選手にとって、今年2019年は、プロ入り10年目の節目のシーズン…となる予定でした。

しかし、そんな原口選手を、昨年2018年末、突然の病魔が襲います。

原口選手の公式twitterによると、人間ドッグを受けた際、大腸がんが判明。

これから始まる2019年のシーズン中の復帰に向け、手術を受けた上で治療に専念する意思を明らかにしました。

阪神タイガース・原口文仁選手の現在は?復帰予定はいつ?

原口選手は、2019年のシーズン中の復帰を目標とし、手術・治療に専念するため春季キャンプへの参加は断念しました。

球団としても、原口選手の背番号や契約内容などは変更せず、原口選手の復帰を待つ考えとのことです。

原口選手の1日も早い復帰を願うばかりですが、”大腸がん”という深刻な病気だけに無理はしてほしくない…ファンの方々にとっては複雑な心境でしょう。


「阪神タイガース「原口」イラストフェイスタオル」をAmazonで購入する

参考)原口選手だけじゃない!がん闘病したプロ野球選手まとめ

原口選手だけでなく、プロ野球界には、これまでがん闘病を経験された方が多くいらっしゃいます。

昨年2018年に亡くなられた星野仙一さん衣笠祥男さんも、その1人です。

また、現在は解説者として有名な大島康徳さんは、最も進行した状態を表す“ステージ4”の宣告を受けながらも、積極的にブログを更新したり、プロ野球の解説も行うなど、がんと向き合い闘病生活を送っています。

☞ がん闘病したプロ野球選手一覧

【特集】癌(がん)闘病したプロ野球選手まとめ…大島康徳氏の現在は?