梅宮辰夫さん、十二指腸乳頭がん闘病の経緯…現在の病状は?


「ロバート秋山プロデュース!体ものまねTシャツ BOTY 梅宮辰夫」をAmazonで調べる

俳優の梅宮辰夫さん(80)は、2016年、78才のときに「十二指腸乳頭がん」との診断を受け、手術を受けました。

最近では、貫禄のあった梅宮さんが、がん闘病による影響で“激ヤセ”したことが話題になるなど、その後の容態が心配されています。

今回は、梅宮辰夫さんのがん闘病の経緯、そして気になる現在について紹介します。

スポンサードリンク



梅宮辰夫さんのプロフィール


「梅宮辰夫 ザ・ベスト」をAmazonで調べる

●生年月日:1938年3月11日
●出身地:旧満州ハルピン
●血液型:O型
●趣味:釣り、料理
●特技:剣道、ライフル
●身長:174cm
●体重:75kg
●所属事務所:グッデイ
(所属事務所:公式プロフィールより)

 

梅宮さんは、高倉健さん・千葉真一さんなどの名俳優を数多く輩出した“東映ニューフェイス”として、1958年、20才のときにデビュー。東映の看板スターとして、任侠映画を中心として数多くの映画に出演しました。

その後は、ベテラン俳優として『前略おふくろ様』、『スクール☆ウォーズ』、『はぐれ刑事純情派』シリーズなど数多くの人気テレビドラマにも出演し、名俳優としてその地位を確固たるものとしました。


「不良番長 手八丁口八丁」をAmazon Prime Videoで視聴する

また、プライベートでは、人気モデルだった娘の梅宮アンナさんが、当時の恋人・羽賀研二さんと交際をすることについて、梅宮さんは反対であることを公言。

一方、梅宮アンナさんと羽賀研二さんは、ペアヌード写真集の発売することが話題となるなど、3人の発言などはメディアでも頻繁に取り上げられ注目を集めました。


「 女は「ひとりの時間」に磨かれる 」をAmazonで調べる

 

近年では、お笑いトリオ・ロバートの秋山竜二さんによる定番の“体ものまね”が人気となり、20代などの若い世代の方たちにも梅宮さんのことが知られるようになりました。

秋山さんは、梅宮さんから『やるんだったら、中途半端じゃなく、突きつめろ。何をどうやってもいいから、ちゃんとした芸をやれ!』と激励を受けたことで、芸人としても吹っ切れることができたと、梅宮さんのことを“恩人”としています。

「ロバート秋山プロデュース!体ものまねTシャツ BOTY 秋山竜次」をAmazonで調べる

梅宮辰夫さんのがん闘病経緯

2016年6月、当時78才だった梅宮さんは、全身のかゆみと白目が黄色くなる「黄疸」の症状で入院することに。

入院に際しては、スケジュールの都合で2日間伸ばしたことから、肺炎、心不全、腎不全、糖尿病、高脂血症、狭心症、心房細動、高血圧など8つもの合併症が出て、一時は生死をさまような状態であったことも後に明かされました。

さらに、検査の結果、早期の「十二指腸乳頭部がん」を患っているとの診断を受けます。

ちなみに、あまり聞きなれない「十二指腸乳頭部がん」ですが、この癌(がん)は、十二指腸、胆管、膵臓の間に位置する“十二指腸乳頭部”にできる悪性腫瘍で胆道がんの一種です。

そして、7月24日、12時間にも及ぶ手術を受け、手術は無事に成功しました。

40年以上前にも、がん闘病をしていた梅宮辰夫さん

梅宮さんは、今から40年以上も前となる1974年、睾丸腫瘍の診断を受けていました。

がん細胞は肺にまで転移していたものの、抗癌剤治療により、その後の再発などはなかったそうです。

がん体質?梅宮辰夫さんの現在は?

その後、がんの転移や再発などはないようです。

とは言うものの、梅宮辰夫さんは、2018年末現在、80才。

2018年10月には、娘の梅宮アンナさんが、辰夫さんについて“がん体質”であることを明かし、数カ月おきに内視鏡によるポリープ除去手術を受けていることも明かしました。

 

最近では、2018年12月13日放送の『ダウンタウンDX』に出演。

番組では、自身引退報道について否定し、ファンの方たちを安心させてくれました。

しかし、その一方で、久々にメディアへ登場した梅宮さんの姿は、闘病の影響もあってか以前よりも痩せてしまっており、一部のインターネットニュースでは、“激変” “激ヤセ”と騒がれていました。

ロバート秋山さんがモノマネするような、かつての貫禄ある体型には戻らずとも、がんの再発などがなく、健康に過ごしてもらえることを願うばかりです。

 

\がんへの備えが不十分だと思う方へ/

※保険料を計算してみる