辛坊治郎さん、十二指腸がん告白から7年…現在は?再発ない?

フリーアナウンサーの辛坊治郎さん(63)は、2012年、56才のときに十二指腸がんを発症しました。

辛坊治郎さんと言えば、メディア事情に詳しいニュースキャスターとして、その発言が度々注目や話題を集める人物。

現在63才の辛坊治郎さんですが、現在も明るくバイタリティ溢れるアナウンサーとして活躍されていますが、まもなく十二指腸がんの手術から7年が経過しようとしています。

気になる辛坊治郎さんの十二指腸がんの現在は?再発はない?

今回は、辛坊治郎さんの十二指腸がん闘病の経緯、そして、気になる十二指腸がんの現在について紹介します!

スポンサードリンク



2012年、十二指腸がんを告白した辛坊治郎さんのプロフィール


「大マスコミが絶対書けない事 この本読んだらええねん!」をAmazonで購入する

●誕生日:1956年4月11日
●出身地:鳥取県米子市
●血液型:AB型
●学歴:早稲田大学法学部 卒業
●経歴:読売テレビアナウンサー・報道局解説委員長等 ~ フリーアナウンサー

辛坊治郎さんの経歴

辛坊治郎さんは、1980年、読売テレビに入社。

『ズームイン!!朝!』や『ニューススクランブル』など情報番組のキャスターとして活躍し、読売テレビの看板アナウンサーとなっていきました。

その後、1997年からは報道局の解説委員を務めると、その後、報道局番組部長~報道局解説委員長などを務めながら、人気番組の司会として活躍。

また、アナウンサーとして活躍するかたわらで、発表した著書がベストセラーとなるなど、メディア事情に詳しいキャスターとしてその地位を築いていきます。

2010年には、読売テレビを退社し、フリーアナウンサーへと転身しました。

辛坊治郎さん、十二指腸がん告白からの闘病経緯


「こんなこと書いたら日本中を敵に回す本」をAmazonで購入する

 

辛坊治郎さんは、2012年、56才のときに十二指腸がんの摘出手術を受けました。

 

2012年12月末に、十二指腸の腫瘍の摘出手術を受け、後に初期段階の十二指腸がんであったことが判明します。

手術当日まで自身が司会を務めるテレビ番組に出演し、明るく振舞っていた辛坊さん。

手術が無事に終わると、念の為、1週間の休養をとりましたが、その翌週には、番組への完全復帰を果たしました。

 

しかし、その翌年2013年3月中旬、手術した十二指腸がんが「肺に転移している可能性がある」と自身の番組で告白。

手術後の検査の結果、やや肺に影が見つかり転移の可能性が疑われたため、CTを再度撮り直すことを明かした辛坊さんでしたが、「99%大丈夫だと思う」と明るく前向きに報告。

再検査の結果、肺へのがん転移はなかったことが判明しました。

 

その後、2013年6月、サンディエゴ在住で全盲のヨットマン・HIROこと岩本光弘氏とともに、小型ヨットでの太平洋横断に挑戦するなど、バイタリティ溢れる活動を続ける辛坊さん。

ちなみに、ヨットは出発直後にクジラと思われる生物と衝突してしまい浸水。

辛坊さんらを乗せたヨットは救助要請を出すこととなり、太平洋横断は断念することとなりました。

辛坊治郎さん、十二指腸がん告白から7年…現在は?再発ない?


「ニュースの嘘を見抜け」をAmazonで購入する

チャレンジ精神溢れる辛坊治郎さん、一時は転移なども疑われましたが、手術から約2年が経過した2014年10月には大阪マラソンに参加し、4時間55分47秒のタイムで完走。

十二指腸がん手術から、まもなく約7年が経過しようとしていますが、2019年10月現在、辛坊治郎さんの十二指腸がんの再発や転移などはないようです。

 

参考:がんの治療費はどれくらい?

ところで、がんの治療費は、以下のような大きな金額がかかるとされています。

●乳がん:約55万円
●子宮がん:約60万円
●胃がん:約61万円
●肺がん:約65万円
●直腸がん:約71万円
●肝がん:約59万円
出典:厚生労働省 平成28年度 医療給付実態調査

がんへの経済的な備えは十分でしょうか?

がん保険は、がん治療の進歩とともに少しずつ変化していることをご存知でしょうか?

がん保険は、がんになってからでは加入することができません。

少しでも不安だと感じた方は、ぜひこのタイミングあなたにピッタリながん保険を、フィナンシャルプランナーに無料で相談してみませんか?

\がんへの備えが不安な方へ/

※満足度95%!話題の保険相談サービス