癌(がん)から退院…快気祝いのお返しはどうする?マナーや相場は?

 

がん闘病のために入院をしている最中は、親戚や友人、職場の同僚などがお見舞いに来て、お見舞金や気持ちの品を受け取る機会もあるでしょう。

そこで退院後に考えるのが、お見舞いに来てくれた方へのお礼です。

がんという病気は”完治する”という考え方がなく、また、退院後も通院による治療が始まる…という場合も多くあります。

そのため「”快気祝い”とは言えないし、お返しはどうすべきだろう?タイミングは?」と、考えてしまう人もいるようです。

スポンサードリンク



癌(がん)から退院…快気祝い(お返し)はどうする?

手術や抗がん剤治療など、がんの治療が一区切りついて退院をした場合、仮にがんが完全に治っていなくても、退院後にお礼の品物を渡したり贈ることが一般的です。

そのマナーは、「快気祝い」の考え方と同様です。

一般的な快気祝いのマナーは、お見舞いでもらった金額の半分~1/3を目安に、退院後、なるべく早めに相手に届くようにするのが良いとされています。

“なるべく早め”とは、できれば10日以内、遅くとも1か月以内という考え方が一般的とされています。

お返しは無理して自身で手渡しをする必要はなく、体調などを考慮しながら、家族を頼ったり、郵送で送るなどの対応でも問題ありません。

また、お見舞金の相場は、5千円~1万円程度ですので、お返しの金額予算は、2、3千円~5千円程度というところでしょうか。

お見舞金や気持ちの品を渡してくれた親戚・同僚・友人の方たちは、「がんの治療費は高いから、ほんの少しでも足しにしてもらえれば…」という想いでお金を包んだり、品物を購入してくれたことと思います。

きっと「お返しなんて必要ないのよ」と言ってくださるかもしれませんが、その優しい想いに応えて、できる範囲でのマナーを尽くすのが良いでしょう。

癌(がん)から退院…快気祝いでは何を送る?

 

お返しに贈る品物は、”消えてなくなるもの”や”洗い流せるもの”が、縁起をかつぐ上で良いとされています。

そのため、消えてなくなるものでは、「お菓子」

病気を洗い流すという意味を込めた「石けん」や「洗剤」などが良いとされています。

快気祝いの「のし」はどうするか?

がんという病気は、退院をしても、これから通院による治療が始まるケースも多くあります。

そのため、寛解状態でない場合、お見舞いに対するお礼の品物に付ける”のし”に記載する文字は「御見舞御礼」などが良いとされています。

のしは、紅白の”結び切り”の水引がついたものを使います。

“結び切り”は、一度結んでしまうとほどくことができません。
退院自体はおめでたいことですが、癌によって再び入院することは起きて欲しくないことです。
繰り返すことがないようという縁起から、”結び切り”を使用するのがマナーとなっています。

品物を配送する場合は、品物にのし紙をかけてから包装する”内のし”にして、お礼状を添えて贈ります。

 

画像:松坂屋ホームページ

やっぱり癌はお金がかかる!

がんはお金がかかると言いますが、治療費以外にも、このようなお見舞のお礼のための諸雑費などがたくさんかかることも特徴です。

 

そして、当然のことながら、諸雑費は、健康保険の適用になりません。

諸雑費にお金がかかっても、高額療養費制度も適用されません。

 

自由に使える「貯金」、もしくは「がん保険」が役に立つのです。

 

\がんへの備えが不十分だと思う方へ/

※保険料を計算してみる

参考記事:

がんの治療費は何でまかなう?貯蓄?がん保険?

 

がん治療にかかる費用は、200万円以上って本当?

 

医療保険とがん保険…違いは?がんに備えるならどっち?