ホントはブラックな保険業界!?あなたの担当者は大丈夫? ~保険を見直すべき理由たった1つの理由~

保険営業は、とても離職率が高いと言われているのをご存知ですか?

実際、保険営業の離職率は“入社3年以内で8割”とも言われています。

保険に加入している方であれば“担当者がコロコロ変わる”という経験をされた方も少なくないはずです。

担当者が変われば、「前任者と言っている事が違う!」という事が発生したり、「色々と相談して加入したのに、その内容、ちゃんと引き継がれてるの?」と不安になることもあるでしょう。

では、なぜ保険営業は離職率が高いのでしょうか?

スポンサードリンク



高い離職率の保険業界…真相は?

保険営業の離職率が高い理由…

その答えは、決して甘くはない給与体系や、それを維持するための労働環境にあるのです。

 

給与体系が完全歩合制の場合、全くお給料が入ってこないということもありますし、固定給があっても歩合の部分が大きく、手取りが15万程度という事も珍しくありません。

また人付き合いが大切なお仕事ですので、経費(お土産代や食事代)もたくさんかかります。

そして、経済的な厳しさと精神的な辛さから転職してしまうのです。

 

一方でそんな大変な状況にある担当者ばかりではないのも事実です。

保険営業で成功している方には、年収が1千万~数千万という方がいることも決して珍しくはありません。

さらに、お客様の万が一の時のサポートができるという社会貢献性の高い仕事のため、とってもやりがいもあるお仕事です。

 

とは言え、安定してその領域をキープし続けるのは本当に大変なのです。

また、担当者が変わる理由の全てが、担当者自身の経済的な理由ではありません。

女性の営業マンであれば、
●結婚
●妊娠や育児
●引越
…という理由で退職する方も一定数います。

それでも、最も多い理由は、やはり経済的な理由が大半を占めていると考えられています。

あなたの担当者は、お客様のために全力ですか?

そんな「ブラック企業」とも言われかねない厳しい環境の中、果たして本当にお客様のために全力で良い仕事ができると言えるでしょうか?

ある程度、経済的・精神的な余裕があるからこそ、お客様のために良い提案ができるという場合もあります。

例えば、保険の営業マンが、同じような2つの保険商品から、お客さんにどちらを選んでもらうべきか判断に迷っていた場合、余裕のない営業マンは、より販売手数料(≒担当者の売上)の高い保険商品を勧めたり、もしくは、そもそも販売手数料の低い商品はお客さんに選択肢として紹介をしない…ということも考えられます。

また、そもそも業界歴がたった1年未満や、たった2、3年の担当者が、保険のプロ、お金のプロとして、本当にあなたの人生をサポートできるほどの知識や経験を有していると言えるでしょうか?

当然ですが、保険業界に限らず、どのような仕事・職種でも長年の経験や、経験から得られるノウハウが大切なことは言うまでもありません。(ビジネスマンとして仕事をしている方であれば、そのことはよく理解いただけると思います)

あなたの保険、見直しの価値ありかも?

そこで、ぜひ考えたいのは、
「あなたの保険担当者は、はたして保険営業マンとしてどれだけの経験を有しているか?」
という点です。

「そう言えば、保険業界の転職したばかりの営業マンだった…」
「新卒1年目の(ちょっと可愛い)生保レディから加入してた…」
「会社に来てたよく分からないおばちゃんから、勧められるがままに加入した…」

↑このようなケースに当てはまってしまった!!

という方は、ぜひ一度、保険の見直しをする価値ありなのです。

 

\満足度95%!話題の保険相談サービス/