ウォルト・ディズニーが肺がんになるのは必然だった?

ディズニーランドやディズニー映画の生みの親であるウォルト・ディズニーは、1996年12月、65歳の時に肺がんによる肺炎で亡くなりました。

【プロフィール】

●生年月日:1901年12月5日
●出身地:アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ

スポンサードリンク



ウォルト・ディズニーが闘病した肺がんとは?

ウォルトが闘病した肺がんは、日本の有名人では、俳優の渥美清さん、スタジオジブリの映画監督で有名な高畑勲さんなどもこの病気によって亡くなっています。

あらためて肺がんとは、どのような病気なのか確認していきましょう。

●肺がんとは?

肺がんとは、気管支や肺胞の細胞が何らかの原因でがん化したものです。
進行すると、がん細胞が周りの組織を破壊しながら増殖し、血液やリンパ液の流れに乗って広がっていきます。
転移しやすい場所は、リンパ節、脳、肝臓、副腎、骨です。

●肺がんの症状

肺がんは早期ではほぼ無症状です。
病状の進行とともに、咳(せき)、痰(たん)、血痰、発熱、呼吸困難、胸痛などの呼吸器症状があらわれます。

しかし、これらは必ずしも肺がんに特有のものではないため、他の呼吸器疾患と区別がつかないこともあります。
複数の症状がみられたり、長引いたりして気になった場合は早めに医療機関を受診することが大切です。

また、喫煙は肺がんとの関連が非常に大きいので、喫煙歴のある40歳以上の人は、症状がみられない場合でも特に注意が必要です。

ウォルト・ディズニーが肺がんになるのは必然だった?

ウォルトは、晩年、酒に溺れ、朝食はドーナッツをスコッチ・ウィスキーに浸して食べるのが一番のお気に入りだったそうです。また、ウォルトは、ヘビースモーカーだったことも有名でした。

この「飲酒」「喫煙」の組み合わせ…実は、肺がんにとってはとても良くない組み合わせなんです。
肺がんの発生率は、飲酒の量だけではあまり大きな差はないようですが、そこに喫煙が加わることでリスクは倍以上になるという研究データもあるようです。

つまり、お酒もたばこも大好きだったウォルトが肺がんを発症してしまったのは、必然的な結果だったとも言えるでしょう。

そこには、夢と希望を創り出した天才だからこその苦悩があったのかもしれません。

ウォルト・ディズニー (コミック版世界の伝記)