LUNA SEA河村隆一さん肺腺がん闘病…現在の活動は?


『Ryuichi Kawamura Billboard Live 2018 LIVE DIRECT』をAmazon Musicで聴く

歌手の河村隆一さん(48)は、2019年1月に肺腺がんの手術を受けたことを公表しました。

河村隆一さんの体調は大丈夫?
肺腺がんってどんな病気?
ボーカリストとして復帰はできるの?

今回は、河村隆一さんが闘病した“肺腺がん”について、そして河村隆一さんの気になる現在について紹介します!

スポンサードリンク



河村隆一さんのプロフィ―ル


『never fear』をAmazon Musicで聴く

●生年月日:1970年5月20日
●出身地:神奈川県大和市
●所属レコード会社:エイベックス

「RYUICHI」から「河村隆一」…幅広い音楽表現

河村隆一さんと言えば、日本を代表するロックバンド・LUNA SEAやTourbillon、ボーカリストとして平成の音楽シーンを盛り上げてきたアーティストです。

LUNA SEAは1992年にメジャーデビュー。1994年に発売された『ROSIER』、『TRUE BLUE 』が大ヒットし、ブレイクしました。
河村さんは、バンドでは「RYUICHI」の名義で活動し、ハイトーンで美しい声と激しいシャウトを武器に、多くの女性ファンを魅了しました。


『LUNA SEA』をAmazon Prime Musicで聴く

 

一方、ソロ活動では、本名である“河村隆一”として『I love you』(1997)、『Glass』(1997)などのヒット曲を次々に世に送り出してきました。その音楽性は、LUNA SEAの激しいハードロック調から一変。爽やかで軽快な音楽は、当時の音楽シーンに大きな衝撃を与えました。


河村隆一 スマートパックをAmazon Prime Musicで聴く

河村隆一さん、肺腺がん闘病の経緯

河村さんは、2019年1月13日、自身のブログで肺腺がんの手術を受けていたことを告白しました。

記事によると、河村さんは1月11日に肺腺がんの手術を受け、“腺がん”の部分的な切除を行ったそうです。

肺腺がんは、手術を受ける少し前に発覚したとのことですが、発覚した際は、まだ腫瘍も小さく手術の後の放射線治療やや抗がん剤治療も必要ない、と医師から診断を受けているとのことです。

河村隆一さんが闘病した《肺腺がん》とは?

では、河村隆一さんが闘病した《肺腺がん》とは、どのような病気なのでしょうか?

あまり聞き慣れないこの《肺腺がん》という病気ですが、これまでに《肺腺がん》闘病した有名人では、日活ロマンポルノ出身の女優・東てる美さん、人気ヒップホップグループのET-KINGのリーダーで2018年1月日に亡くなったいときんさん、2017年に亡くなった女優の野際陽子さんなどがいます。

【肺腺がんとは?その特徴は?】

“腺がん”とは、体の臓器にある分泌腺にできたがんのことです。

肺腺がんは、肺の分泌腺に出現したがんのことを指します。

この病気の一般的な特徴として、以下の点が挙げられます。

●男性よりも女性に多い。
●初期症状が出にくい。
●化学療法や放射線療法が効きにくい。
●喫煙との因果関係は弱い。

(引用:MEDLEYより)

河村隆一さん、手術後の現在は?

河村さんは、手術から数日後に更新されたブログで「まだ息を深く吸うと軽い痛みがありますが・・」としつつも、痛みは日に日に和らいでいることを報告。

そして、「完治までゆっくり休みます」と、現在は、活動を休養していることを明かしました。

幸いがんは初期の段階で、再発や転移などの可能性も低いようですので、しっかりと休養し、1日も早くステージに復帰できるその日を待っています!