globe・KEIKOの現在は?後遺障害は?小室哲哉との関係は?

globeのKEIKOさん(46)は、2011年、39才の時に「クモ膜下出血」と診断されました。

KEIKOさんと言えば、一時代を築いた音楽グループの実力派のボーカリストであり、今年1月に引退を発表した音楽プロデューサー・小室哲哉さんの奥さんとしても有名です。

小室哲哉さんの引退記者会見では、KEIKOさんがクモ膜下出血による後遺症として高次脳機能障害を患っていることも明かされました。

今回は、KEIKOさんのクモ膜下出血の闘病の経緯、そして気になるKEIKOさんの現在についてもご紹介します。

スポンサードリンク



globe・KEIKOさんのプロフィール


「#globe20th -SPECIAL COVER BEST-」をAmazonで調べる

●本名:山田(小室) 桂子
●生年月日:1972年8月18日(46歳)
●出身地:大分県臼杵市

実家は大分の有名ふぐ屋「山田屋」

KEIKOさんは、地元で有名なふぐ料亭「山田屋」の次女として大分県に生まれ、幼い頃から歌うことが大好きな女の子でした。

地元ローカル番組のちびっ子のど自慢に出演した際は、松村和子さんの『帰ってこいよ』を歌い、見事に優勝を果たすなど幼い頃からその才能を発揮していたそうです。

そして、KEIKOさんの運命を変えたのが、OL時代に出演したオーディションイベント「EUROGROOVE NIGHT」での主催者・小室哲哉さんとの出会いでした。

ファンの間では有名なエピソードですが、そのオーディションでは、KEIKOさんがパフォーマンスをしようとステージに登場するやいなや、転倒しステージから落下してしまいます。

それでもすぐにステージに上がり、見事にtrfの「EZ DO DANCE」を歌い決まりました。

そのステージは小室哲哉さんも足を運んでいて、KEIKOさんのガッツあるパフォーマンスが目に留まったそうです。

そして、1995年、パフォーマーの小室哲哉さん、ラッパーのパークパンサーさんという異色の音楽ユニット“globe”として念願のメジャーデビューを果たします。

J-POP史に残る大記録を打ち立てたglobe

1995年8月にデビューしたglobeは、1996年1月には「DPEPARTURES」をリリースし、CDセールス200万枚を越える大ヒット。


「DEPARTURES」をAmazonで調べる

 

さらに1996年3月にリリースしたファーストアルバム「globe」は、400万枚以上を売り上げ、当時のCDセールスの日本記録を樹立。


「globe」をAmazonで調べる

その後も、1997年には音楽アーティストとして初めて4大ドームツアー敢行、1998年には1か月間に4作連続リリースを果たし全曲がオリコンチャートベスト10入りするなど、モンスターアーティストとなっていきました。

KEIKOさんのハスキーな高音は、日本の多くの若者の心を掴み、また、その明るいキャラクターから一時期はバラエティ番組にレギュラー出演もするなどの活躍を果たしていました。

 

また、2002年11月22日には、メンバーとしてともに活動してきた小室哲哉さんと結婚。

結婚披露宴の様子が特番として生放送されるなど、当時はとても話題になりました。

2008年には、小室哲哉さんの巨額詐欺事件のその際も、妻として陰で小室さんを支えたそうです。

globe・KEIKOさん、クモ膜下出血 闘病の経緯

2009年には、小室さんも音楽活動に復帰。

2010年には、globeの結成15周年イヤーを迎え、さらなる活躍が期待されていた矢先の2011年…


「15YEARS -BEST HIT SELECTION-」をAmazonで調べる

●2011年

2011年10月24日、KEIKOさんは、自宅にいる際、首の後部に激痛を訴え倒れてしまいます。

自宅にいた小室さんは、すぐに救急車を呼び都内の病院に緊急搬送。

「クモ膜下出血」と診断され、約5時間に渡る手術を行います。

12月8日には退院をしましたが、リハビリと病気療養に専念するため、以降、現在にいたるまで表舞台には1度も立っていません。

●2015年

2015年8月、新宿ステーションスクエアで行われたイベントに小室哲哉さんとマークパンサーさんが出演した際、KEIKOさんの肉声が公開され、話題を呼びました。

リハビリにより回復には向かっているものの、KEIKOさんが後遺症と闘う生々しいその肉声に多くのファンがショックを受けました。

その後、2015年10月、KEIKOさんはtwitterを開設。

twitterでは、リハビリもかねてか「お休みなさい」というコメントを投稿していました。

●2016年

2016年11月には、小室哲哉さんの誕生日を祝う姿も。

●2017年

そして、2017年には、小室哲哉さんのインスタグラムでKEIKOさんの歌声がアップされ、復帰が期待されるなど話題となりました。

 

View this post on Instagram

 

病気後に創って唄ってみた keikoの声です。きっと今は もっと上手になってると思う。

Tetsuya Komuroさん(@tk19581127)がシェアした投稿 –

●2018年~

小室哲哉さんの引退記者会見の際、当時、KEIKOさんは大分の実家で療養していることが明かされました。

また、KEIKOさんは、後遺症で高次脳機能障害と闘っており、小学4年生で習う漢字の練習を行うなど壮絶なリハビリ生活をしていたことも明かされました。

globe・KEIKOさんの現在は?後遺症は?

2018年末現在、KEIKOさんは、現在、夫・小室さんとは別居し、大分県の実家で過ごしているようです。

真実か定かではありませんが、2018年8月の週刊文春の記事によると、KEIKOさんは、1人でスーパーに買い物に行ったり、カラオケにもよく行くほど元気で過ごしているそうです。

ファンとしては、いつかまたKEIKOさんの歌声が聴ける日を楽しみに待つばかりです。