はじめての方必見!自宅訪問型の保険相談サービス利用ガイド

(この記事は、5分で読めます)

こんにちは、元保険会社員の保険ブロガー・うっちーです。

今回は、はじめて自宅で保険相談を受けようと考えている方が、事前に必ず知っておくべきポインをお伝えします。

この記事を読んでいただくことで、事前の不安を取り除きあとから損することなく保険相談を利用することができます。

ぜひお役立てください!

目次

自宅での保険相談は不安がいっぱい…当然です。

あらためまして、保険ブロガー・うっちーと申します。

私は、現在、過去の保険セールスや保険金支払担当者での経験を活かし、保険の不安や悩みを解決するための執筆活動を主として生活しています。

かくいう私自身、現在も加入保険プランの見直し・更新手続きをしたい場合は、フィナンシャルプランナー(以下、FP)の方に、自宅や自宅近くのカフェに訪問に来てもらい面談をしています。

ふだんは家で仕事やパソコンの作業をしている時間が多いので、FPの方がわざわざ自宅に来てくれるのでとても助かっています。

 

しかし、一方で、1度も会ったこともないセールスマンを自宅に招くのって、不安なことも多いものですよね。

「家に来た営業マンに、お茶やお菓子を出さないといけないの???」

「わざわざ家に来てるんだから!…と、強引なセールスをされないかしら???」

「自宅住所や家の中のことまで知られて、その後の個人情報とか大丈夫???」

…このように、知り合いを家に呼ぶのですら気を使う訳ですから、見ず知らずの、しかもセールスマンを家に招くことに対して余計な警戒心を持つのも当然です。

 

でも、心配はいりません。

私自身も、保険営業をしていた時代、お客様のご自宅に上がらせていただき訪問相談をしていました。

そして、「自宅で保険相談を受ける方が不安を抱いてしまうのは、最初のアポイントだけ」…と実感してきました。

この記事を読んでいただければ、自宅で保険相談を受ける際の不安をすべて取り除くことができます。

 

自宅訪問型の保険相談サービスは、こんな人にオススメ!

そもそも保険の相談は、自宅以外にも、町の保険ショップなどでも可能です。

でも、保険ショップの場合、場所や営業時間が限られるため、忙しい方にとっては融通が利きません。

そのため、自宅訪問型の保険相談サービスは、こんな方に対して特にオススメしたいサービスです。

□ 小さいお子さんの育児をしている方□ 共働きで休日しか夫婦で時間がとれない方

□ 親の介護をしながら生活している方

□ 家事が忙しく家を空けることができない方

□ 自営業をしていて、日中は自由な時間がほとんどない方

 

…これらの項目に1つでも当てはまる方は、保険相談サービスは自宅訪問型を利用することをおすすめします。

サービスの質は、保険ショップよりも良い?悪い?

では、もっとも肝心の“保険相談サービスの質”は、どうなのでしょう?

結論から言うと、一般的には、自宅訪問型の方が、保険ショップよりもサービスの質は高いです。

 

そもそも、保険料の試算やライフプランのシュミレーションなどは、外出先でもノートパソコン1台さえあればできてしまいます。

そのため、保険相談をする「場所」は、保険ショップでもご自宅でも、保険相談サービスの質には関係がないのです。

 

むしろ、自宅訪問型のFPは、日頃から初めて会うお客様の自宅に上がる機会が多いので、ビジネスマンとして失礼のないようレベルの高いマナーが求められます。

そのため、自宅訪問型のFPは、高い意識を持って仕事をする環境に置かれているので、より信頼できるレベルの高いFPに出会える可能性が高まるのです。

また、相談を受けるFPにとっては、「ご自宅の方が、お客様もリラックスしながら話を聞いてもらえて、よりお客様の考えを反映した保険プランを提案することができます」と考える人も多いようです。

 

つまり、保険ショップよりは、自宅訪問型の保険相談サービスの方が、相談の質が高いのです。

そもそも「自宅訪問型の保険相談サービス」ってどんなもの?

そもそも、一般的に自宅訪問型の保険相談サービスとはどのようなものかご存知でしょうか?

保険営業に対して不安を持つのは、どうしても“隙を見せたら、すぐに売り込まれる”という先入観を持ってしまうからです。

しかし、実際には、今の時代、極端に強引なセールスをされるケースなどありません。

あらかじめ流れを把握しておくことで、ストレスなく保険相談サービスを利用することができるので、以下のポイントをチェックしておきましょう!

自宅訪問型の保険相談サービスの流れ

保険相談の流れは、とってもカンタン。
パソコンでもスマホでも、たいては3分~5分程度で予約することが可能です。

●流れ
1.インターネットでお名前・住所・生年月日・家族構成・希望する相談内容等の情報を入力します。
2.電話もしくはメール等で、相談する日時・場所を決めます。
3.訪問日当日、自宅(もしくは自宅近くのカフェ等)にFPがやってきて、1~2時間、相談内容に応じた話をします。
4.最初の訪問で保険プランが決まれば、次回の面談日を決め、その際に契約手続きをします。

保険相談サービスは、基本的にすべて無料

大前提として、相談サービスを利用したからと言って、保険を契約することは必須ではありません。

FPの話を聞いて、契約はしないという結論に至ることは決して珍しい話ではないので、気軽に相談をしましょう。

もちろん、一般的な保険相談サービスは、自宅訪問型であったとしても何度でも無料です。

 

自宅訪問型の保険相談サービス ~メリットとデメリット~

さて、自宅訪問型の保険相談サービスのキホンを押さえたら、次は、メリット・デメリットを確認しましょう。

どんなものにもメリットがあれば、デメリットもあるものです。

保険会社員時代実際にお客様の自宅に伺い、現在でも自宅訪問型の保険相談サービスを利用している私・うっちーが、そのポイントを解説いたします。

自宅訪問型の保険相談サービスのメリット

1.自宅訪問型なら“時間・お金の節約”ができる!

自宅訪問型と保険ショップの大きな違いは、訪問してくれるFPの都合さえ合えば、時間も場所も融通が利くという点です。

移動時間もかかりませんし、移動のための費用もかからないので、育児・介護・自営業などで忙しい方にとっては効率的でオススメです。

また、一般的に、もし最適な保険プランが見つかっていざ保険契約をしようと思ったら、必要な書類等の用意だったり、契約書類の発行準備もあるので、たいてい保険契約をするのは2回目や3回目の面談だったりします。

自宅訪問型の保険相談サービスは、仮に、2度、3度の面談でも何度でも無料で行ってくれるので、先々のことを考えると選択しない手はないサービスなのです。

2.自宅訪問型なら“スムーズな相談・手続き”が可能!

保険契約をする場合、もっとも面倒と感じるのが契約のための手続きです。

手続きには、ご自身が管理している「印鑑」、生命保険の場合は「健康診断の結果」、火災保険の場合は「登記簿謄本」など…普段は持ち歩かない大切ものが必要になります。

また、保険相談の段階でも、いま契約している保険の「保険証券」がなければ、保険のプランの見直しは困難です。

FPに自宅に訪問してもらうことで、必要なものを持ち歩くストレスなく、手続きもスムーズに進みます。

3.自宅訪問型なら“より質の高い保険相談”が受けられる可能性アップ!

保険ショップやオフィスで保険相談をした方が、より質の高い保険相談を受けられる…ということはありません。
むしろ、その逆です。

自分自身や家族にとって最適な保険プランは、FPが一方的に提案できるものではありません。

FPは、ご自宅で保険を話を聞いてもらうことで、よりお客様がリラックスして本音を話をしてれたり、お客様がどんな環境で生活をしているのか、どんなものを大切にして過ごしているのか…そのお客様の生活感を感じながら、よりその人の生活や考え方に合った保険プランを考えることができるのです。

また、自宅訪問型のFPは、日頃から初めて会うお客様の自宅に上がる機会が多いので、ビジネスマンとして失礼のないようレベルの高いマナーが求められます。

自宅訪問型のFPは、高い意識を持って仕事をする環境に置かれているので、より信頼できるレベルの高いFPに出会える可能性が高まります。

自宅訪問型の保険相談サービスのデメリット

どんなものにもメリットがあれば、デメリットもあるもの。

とは言え、デメリットを把握していれば、事前の対処も可能です。

冷静に一緒に考えていきましょう。

1.どんな営業マンが来るの?心理的な抵抗…

当然のことですが、自宅に知らない人を招き入れるのは心理的な抵抗を感じるものです。

これは、少なからず誰もが持つ気持ちです。

一方で、あなたの自宅に初めて訪れるFPも同じ気持ちを持っています。

“どんなお客様だろう?”“ちゃんと話を聞いてくださる方かな?”“しっかりとしなきゃ”…そんな緊張感を持って、FPも面談に臨んでいます。

もし、どうしても抵抗を感じたり、人に見られたくないものなどがある場合は、自宅近くのカフェなどで面談をすることをオススメします。

2.知らない人を家に招くので、何かと準備が必要

サービスを利用するお客様の立場とは言っても、自宅にやって来るのは、今後長い付き合いになるかもしれいないFP。

「掃除しなきゃ」とか「お茶を出さなきゃ」とか考えてしまうものですよね。

私が保険会社で営業をしていた時は、気を使ってお茶やお菓子を出してくれる方もいましたが、特に何も出さない方もいました。

わざわざお茶を出してくださる方には「気を使わせてしまって申し訳ないなぁ、ありがたいなぁ」という気持ちを持ちましたが、出していただかなかったとしても全く気になりません。

FPにとっては、保険の話をしっかりと聞いていただき満足してもらうことが仕事なので、あまり気を使ってもらう・もらわないは対した問題ではないのです。

3.保険相談が無料なので、逆に気を使う

よく「保険相談は何度でも無料!」という宣伝広告をよく見かけますが、保険ショップでも自宅訪問型の保険相談サービスもこれは同じです。

そもそも世の中の保険相談とは、無料が基本なのです。

そして、FPは、お金に関するプロフェッショナルですから、お客様が心から納得するような保険プランや解決策を提案するのが彼らの仕事です。

そのため、「何回も相談に乗ってもらっちゃっていいのかな?」「貴重な時間と労力を使ってしまって申し訳ないから、とりあえず契約してあげようかな」と思う必要は一切ありません。

ここだけでの話ですが…

私自身も、お客様の立場としてこれまで何度も保険相談サービスを利用しています。

ですが、契約にまで至ったケースはごくわずかで、それ以外は、たいてい「ごめんなさい」と言って1回の面談で終わってしまいます。

 

逆に言えば、FPの立場から見ると、契約してもらえないことの方が多いので、加入に至らないことには慣れているものです。

つまり、保険相談サービスは、もっと気楽に利用してOKなのです。


訪問型の保険相談サービスQ&A ~それでも不安という方のために~

それでも、ちょっと不安…という方のために、Q&Aをご用意しました。

こちらを読んでいただければ、ストレスなく、損することもなく、スムーズに自宅型保険相談サービスを利用することができるはずです。

Q1.保険相談にかかる時間はどれくらい?

だいたい1~2時間です。

申し込みをする際、事前に希望の時間を伝えておきましょう。

例えば、申し込みの段階で、事前に相談したいこと(「保険料を安くしたい」「がん保険の加入を検討している」等)をハッキリさせておくと、かかる時間も短く済ませることが可能です。

Q2.無理な保険勧誘はない?

基本的に、無理な勧誘は法律上でしてはいけないことになっています。

近年、保険の募集は、お客様の意向を確認した上で契約しなければいけないと金融庁が厳しく取り締まっています。

もし“しつこい”と感じたら、FPではなく、まずは相談サービスを提供している会社に報告をして「やめてください」と伝えましょう。

Q3.FPの交通費は誰が負担するの?

FPに自宅に来ていただく際の交通費は、FP自身、もしくはそのFPの所属している会社が負担します。

ただし、相談に伺えるエリアは会社ごとに異なる場合もあるので、事前によく確認をしておきましょう。

Q4.FPにはお茶やお菓子を出したりしなきゃいけないの?

出さなくても一切問題ありません。

私の保険会社時代には、お茶を出していただけるお客様もいましたが、出さないお客様もいました。

FP自身はそこまで気にしていませんは、迷う場合は、本当に普通のお茶1杯を出せば十分過ぎるくらい感謝してもらえるはずです。

お菓子を購入するなど、余計なお金をかける必要はありません。

Q5.事前に用意しておいた方が良いものはある?

すでに保険に加入している方は、契約している保険の「保険険証券」を用意しておきましょう。

保険証券には、保険種類、保障期間、保障金額など、保険プランを見直す上で必須となる情報が記載しているのでスムーズです。

どうしても見つからない場合は、事前にFPに相談しておけば解決策を提案してくれますのでご安心ください。

また、生命保険や医療保険には、商品や保障金額によって「健康康診断の結果」が書いた書類の提出を求められる場合があるので、事前に持っているとよりスムーズに手続きが進みます。

Q6.自宅にやってくるFPは、男性?それとも女性?

一般的には、男性の方が多いです。

年齢もバラバラですが、感覚としては、40代~50代くらいの経験豊富な方が訪問に来る確率が高いです。

 

もちろん、男性だから優秀とか、女性だから優秀ということもありません。

例えば、女性の方が生命保険のことを相談する場合、ご自身のからだのことも話さなくてはいけない場合もあります。

その時は、事前に「女性でお願いします」とメールや電話でお願いしておくと良いでしょう。

 

ちなみに、女性に特化した保険相談サービスを展開している「保険QUEEN」というサービスもあります。

保険cafe

おすすめ!自宅訪問型の保険相談サービス一覧

相談の質の良し悪しは、正直、相性だったりタイミングもあったりするので一概には言えません。

しかし、以下の自宅訪問型対応の保険相談サービスは、どれも人気が高いようですよ。

はじめて自宅訪問型の保険相談サービスを利用する方は、以下に掲載の保険相談サービスから選択すれば、まちがいなく保険相談の失敗を避けられる可能性が高まります!

サービス名 保険マンモス 保険コネクト 保険Queen
リンク先

保険cafe
特徴 日経BPコンサルティングによる「保険相談サービスに関する調査」で主要3部門を含め、 11項目で1位を獲得。 平均20社以上、複数の保険商品を比較して提案 。
日本全国対応可能(提携人数4000人以上)。
相談満足度90%以上。
チャットでも保険相談可。
女性に特化した保険相談サービスを提供。

女性性支持率、96%

相談可能な

保険種類

生命保険(死亡保障)
医療保険
がん保険
学資保険
就業不能保険
火災保険
自動車保険
地震保険
法人保険
…等
生命保険(死亡保障)
医療保険
がん保険
学資保険
就業不能保険
火災保険
自動車保険
地震保険
法人保険
…等
生命保険(死亡保障)
医療保険
がん保険
学資保険
就業不能保険
火災保険
自動車保険
地震保険
法人保険
…等
対応エリア 日本全国 日本全国 東京、埼玉、群馬、神奈川、千葉

 

さて、今回は、はじめて自宅訪問型の保険相談サービスを利用するにあたっての必須ポイントをお伝えしました。

いよいよ2019年は、1月に地震保険料の値上げが待っています。

また、生命保険・損害保険ともに、毎年1月や4月は、各社の新商品が出たり、保険商品・保険料の改定などもあります。

●保険料が上がってしまう前に、保険の見直しを行いたい!
●現在加入の保険プランを見直して、家計を助けたい!
●最近からだのことが不安だから、がん保険の加入を検討したい!

…という方は、ぜひ、今回の記事を参考にしていただき、自宅訪問型の保険サービスを利用してみてください。

そして、あなたにとって最適な保険プランへの見直しをしてください。

 

【記事:保険ブロガー・うっちー(☞自己紹介ページはこちら)】