がんの早期発見なら、今話題のPET/CT検査を

日本人は、2人に1人が癌になり、3人に1人が癌によって亡くなると言われています。

しかし、早期発見によって、多くのがんは克服することができます。

早期発見で90%以上の人が、がんを克服!

早期がんである「ステージⅠ」の5年生存率は、93%。

つまり、早い段階でがんを発見することができれば、がんを克服することができるのです。

(出典:国立がん研究センター「がんの統計’12」)

会社の一般検診では見つけられない癌も…

では、がんを早期発見するためには、どうすれば良いのでしょうか?

もちろん早期発見のために大切なことは、定期的に検診を受けることです。

「うん、会社の検診は毎年受けているから大丈夫だよ」と、思う方がほとんどでしょう。

しかし、会社で受ける一般検診では、そもそも検査項目に含まれていない身体の部位もあるのをご存知でしょうか?

その部位の代表的ながんは、

食道がん
肝臓がん
すい臓がん
前立腺がん
卵巣がん

…等のがんです。

もちろん、これらのがんも早期発見によって克服できる可能性は圧倒的に高くなります。

がん検診の早期発見をするためには?

しかし、がんの早期発見は、日常生活の中で、自分自身の力だけで行うことは、ほぼ不可能です。

例えば、上記に挙げた「肝臓がん」。

肝臓は“沈黙の臓器”とも呼ばれ、仮にがんが進行していたとしても、なかなかハッキリとした症状は出ず、症状が現れた時にはすでに進行してしまって治療は困難…といったケースもあります。

だからこそ、がんの検査は、最新の精度が高い検査を受ける必要があるのです。

今話題のPET/CT検査はこちら

最新のPET/CT検査とは?

がん検診において、最新かつ精度の高い検査方法が、PET/CT検査です。

その特長や魅力は、以下の点です。

PET/CT検査の特長

小さながんを早期に発見することができる。
がんの発見率は、一般検診の4倍以上。
一度に全身を検査するので、予想外の場所のがんも発見できる。
検査時間が短く、苦痛や不快感がない。
腫瘍が良性か悪性か、また悪性度の診断に優れている。

 

最近、会社で受けた健康診断の結果が気になっている…
最近、芸能人のがん闘病のニュースが気になっている…
最近、親戚や知り合いががんになった…

これらは、検診を受けるべきサインかもしれません。