20代・30代の女性、がん保険は必要か?

あなたは、がん保険に加入していますか?

仕事、恋愛、美容、趣味、旅行…

毎日を忙しく過ごしている20代・30代の女性にとって、
日常生活において「保険」について考える機会はほとんどないかもしれません。

でも、ある日突然、「がん」と宣告されたら…あなたはどうしますか?

スポンサードリンク



20代・30代女性のがんリスクはどれくらい?

2018年に発表された最新のデータによると
女性が癌(がん)に罹患(りかん※ がんになること)する確率は、
人口10万人あたり、20歳代では31.1人、30代では91.1人という結果に。

そして、特に20~30代の女性においては、
「乳がん」「子宮頸がん」「甲状腺がん」に罹患する方が増えています。

罹患率が高いがん種類の内訳

【20代女性】

 

【30代女性】

(国立がん研究センター:小児・AYA世代のがん罹患データより )

若くして癌(がん)になった女性の有名人たち

実際に、有名人の方たちの中にも、若くしてがんになった女性の方たちが多くいます。

2017年6月、タレントの小林麻央さんが乳がんによって亡くなられたことは、まだ記憶に新しいニュースです。

名前 がんの種類 がんが発覚した年齢
小林麻央(タレント) 乳がん 32歳
田中好子(女優) 乳がん 36歳
矢形美紀(元SKE48) 乳がん 25歳
だいたひかる(お笑い芸人) 乳がん 40歳
高橋メアリージュン(モデル) 子宮頸がん 29歳
ZARD/坂井泉水(歌手) 子宮頸がん 39歳
和田アキ子(歌手) 子宮がん 31歳
吉井怜(タレント) 白血病 17歳
麻美ゆま(タレント) 境界悪性卵巣腫瘍 26歳

癌(がん)になると治療費はいくらかかる?

では、がんになると一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

例えば、「乳がん」の治療方法の1つである温存治療でかかる治療費は、1年目で約53万円です。

画像:がん治療費.com

これを見て、「治療費の自己負担額が53万円程度なら、貯蓄でもまかなえなくはないかな?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、この53万円という金額は、あくまで1年目にかかる一般的な治療費。
人によって、がんの程度も、治療法も異なるので、一概には言えません。

そして、治療費だけではなく、その後の通院でもお金はかかりますし、
抗がん剤治療による脱毛対策としてオーダーメイドのウィッグを購入したり、
闘病中は食事に気を使うことで、治療費以外のお金もたくさんかかるのです。

また、がん治療に専念するために仕事をお休みすれば、収入も減ってしまいます。

さらに、がんという病気は“完治する”という概念がありません。
数年間は定期的に検診をする必要がありますし、再発というリスクもある病気です。
上記のデータでも、4、5年治療を続ければ、治療費だけでも100万円近くのお金がかかることが分かります。

100万円、もしくはそれ以上の金額の出費…貯金をしたり、お金のかかる若い方にとってはとてつもなく大きな出費です。

がん保険は必要?

さて、がんにかかる費用のおおよそについてご理解いただいたところで、あらためて“がん保険は必要か?”考えてみましょう。

「がん保険」ってどういう保障が受けられるの?

まずは、そもそも「がん保険」とはどのようなものか説明します。

一般的な「がん保険」にできる基本的なことは、
がんと診断された時に、一時金として100万円/200万円/300万円
…といった、まとまった金額をもらえることです。(このまとまった金額を「診断給付金」と言います)

一時金としてもらえる金額は、毎月支払う保険料によって変わります。

保険料は、性別・年齢・病歴によっても変わりますが、20代・30代では、
診断給付金として100万円もらえる「がん保険」なら、だいたい毎月2千~3千円です。
(年齢が低いほど、保険料が安くなります)

また、一般的なオプションとして、
●「入院給付金」:入院1日につき1万円など
●「手術給付金」:手術した時に15万円など
●「通院給付金」:入院前後の通院1日につき1万円など
●「先進医療特約」:先進医療による治療を受けた場合、2,000万円を限度にかかった治療費を給付
…といった保障を付けることもできます。

もちろんオプションを付けるほど、保険料は上がります。

がん保険の必要性を考えるポイントは?

そこで、あらためて「がん保険」の役割を要約すると…
がん治療にかかる費用50万~100万~300万円を、すぐに支払うことが厳しい(できない)という方が、月々数千円の保険料を払って備えるというもの。
…ということになります。

現在の収入や貯蓄額を考え、
“50万~100万程度のお金であれば、収入がしばらくなくなっても払える!”
…という方にとっては必要ないかもしれません。

しかし、そうでない場合は、ぜひがん保険を検討しましょう。

実際にがんと宣告された方の多くは、経済的な心配だけでなく、
「家族」のこと、「恋人」のこと、「仕事」のこと、「将来」のこと…
様々な不安に襲われることになります。

そんな辛く悲しい気持ちの時、せめて経済的な不安だけでも取り除くことができるがん保険は、とっても強い味方になるはずです。

最近では、インターネットで加入できる保険料の安いがん保険も多く販売されているので、
ぜひ検討してみましょう。