EXILE弟分・FANTASTICS中尾翔太さん(22)、胃がんにより死去

2018年7月8日、FANTASTICS(ファンタスティックス)のメンバー・中尾翔太さん(22)が、同月6日に胃がんによって亡くなっていたことを所属事務所LDHが公表しました。

中尾さんは今年3月に胃がんを公表した際、「絶対に勝ちます!待っていてください!」とコメントしていましたが、無念にも22歳という若さで亡くなりました。所属事務所社長の元EXILEメンバー・HIROも「残念であり、無念でもありますが 彼の生き様 彼の言動 彼の勇気に対して 心から敬意を表したいと思います」とコメントし、中尾さんの早すぎる死を悼みました。

中尾さんが所属していたグループ・FANTASTICSは、あのEXILEファミリーの9人組ダンス&ボーカルグループ。2016年、EXILEのメンバーの1人である“世界”さんと、所属する芸能事務所・LDHが運営するスクール「EXPG」から選抜されたメンバーで結成され、昨年2017年は、オーディションによりボーカリスト2名を加えた新体制で活動…その矢先の出来事でした。

EXILE、三代目J Soul Brothers、GENERATIONSに続け…と、まさにこれからというタイミングだったこともあり、ファンや関係者に大きな衝撃が走っています。

今回は、中尾翔太さんの闘病の経緯と、胃がんについてご紹介したいと思います。

公式ページより。

●中尾翔太(なかお しょうた)
●生年月日:1996年4月23日
●出身地:愛知県名古屋市
●2013年、『24時間テレビ』の企画“高校生ダンス甲子園”で、ダンスチーム「No Luck」として出場し優勝。
●2016年、ダンススクールEXPGの特待生として、FANTASTICSに加入。

スポンサードリンク



FANTASTICS・中尾翔太さん、胃がん闘病の経緯

●2017年 12月頃から体調不良が続き、精密検査を受け、胃がんと診断。
●「体調不良」を理由に、12月30日、1月20日のライブの出演をキャンセル。
●2018年 3月、胃がんを公表。治療に専念するため休養を発表。
●2018年 7月6日、死去。

中尾翔太さんが闘病している「胃がん」ってどんな病気?

22歳という若さの中尾さんを襲った「胃がん」とはどのような病気でしょうか?

胃がんは、男性では2番目、女性では4番目に多いがんとされています。
胃がんで亡くなった方の数は、2013年時点で男性では2番目、女性では3番目ですが、以前と比べると、胃がんで亡くなる人の割合は減ってきているようです。

●胃がんの症状

早い段階で自覚症状が出ることは少なく、進行していても無症状という場合もあります。
代表的な症状は、胃の痛み・不快感・違和感、胸やけ、吐き気、食欲不振などがあります。
但し、これらは胃がん特有の症状ではなく、胃炎や胃潰瘍(いかいよう)の場合でも起こります。
検査をしなければ確定はできません。

●胃がんになる原因

喫煙や食生活などの生活習慣や、ヘリコバクターピロリ菌(※)の持続感染などが胃がん発生のリスクを高めるとされています。食生活については、塩分の多い食品の過剰摂取や、野菜、果物の摂取不足がそのリスクを高めるとされています。

(※)ヘリコバクターピロリ菌:
いわゆる“ピロリ菌”のことです。ピロリ菌は、感染すると胃の粘膜が傷つけられたり、胃の粘膜に炎症が起こります。ピロリ菌に感染している状態が続くことで、胃がんも含めて様々な病気を引き起こす可能性があると言われています。ピロリ菌は、薬で退治することができるので、胃に不快感を感じる場合は早めに医師への相談が必要です。

●胃がんの罹患率

罹患率(がんになる確率)は、40歳代後半以降高くなります。

21才の中尾さんが胃がんになった…というのは、本当に低い可能性だったことがデータからも分かります。

※参考:国立がん研究センターがん情報サービス 胃がん